家を売る時の媒介契約の結び方

iegurahudayo

家を売る時に不動産屋との間で媒介契約というものを結びますが、媒介契約には3種類の契約形式があり、専属専任媒介・専属媒介・一般媒介とがあり、専属専任媒介の場合はその不動産屋1軒だけに依頼かつ、自分で買手を探す事も不可とされています。専任媒介はその不動産屋1軒だけに依頼ですが、自分で買手を探す事も可能です。

一般媒介は多数の不動産屋に依頼する事ができ、自分でももちろん買手を探せます。この3種類の中から、自分が選択をして契約を結ぶのですが、結ぶ時は印鑑があれば締結する事ができます。媒介契約には有効期限があり、その期限は3ヵ月間となりますが、こちらから申し出がない場合は自動更新となるので、もし、媒介契約の種類を変更した場合は、依頼している不動産屋へ告知する必要があります。

また、媒介契約書には物件概要(売却する土地・建物の内容)と、販売価格、不動産屋への報酬額、報告期日、掲載等の内容が記されていて、もし価格変更をおこなったりする場合は、書面の変更届が必要となります。この場合は、依頼しているところへ申し出れば書面は用意してくれます。売却を急いでいる場合は、1軒だけでなく複数に依頼する方が早く買手が見つかるメリットもありますが、万が一、売却に長期間を要して価格変更等が起きた場合、依頼しているすべてのところへ知らせなくてはならないなどがある事と、複数に依頼する事で、中には販売活動をあまり一生懸命にやってくれなくなるところもあります。

その点ではデメリットとも言えるでしょう。専属専任だと、もし自分の身内や知り合い等が買いたいとなっても、自分では話を進めるなどはできません。専任であれば、自分でも買手をつける事は可能ですし、1軒だけの依頼なので一生懸命販売活動もおこなってくれます。また、媒介契約を結んでから7日以内(営業日内で定休日含まず)に、不動産流通機構への登録が必須ですので依頼した売却物件を登録し、他の会社でも買手を探してもらえるシステムにはなっています。いずれの場合も、自分の状況に合わせて契約を結ぶ事がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>