住んでいる状態でマンションは売れる?

4ninnoieda

最近では中古マンションを購入した後に、その購入したマンションを自分が住む前にリノベーションを行い、自分のライフスタイルに合う間取りになどに改装して暮らしている人が増えているといわれています。また、不動産会社がすぐに仲介して販売をせずに中古マンションを自社で買い取って、リノベーションを施し販売価格を上乗せしてマンション売却をして利益率を上げているところもある、といわれています。そのため自分が住んでいる状態でマンション売却を考えている人であっても、マンション売却は十分に可能なことであるとされているのですが、不動産会社であればどこでも良いというわけではありません。

理想的だといわれているのは、自社でリノベーションを行ったマンション売却をしている不動産会社に仲介を依頼することだといわれていて、それは、リノベーションを行って現代にマッチした間取りや内装にすることができるノウハウがあるといわれているからです。そういったノウハウがないままにリノベーションを行っても買い手から敬遠されてしまい、販売できないために値下げをするということになってしまう可能性があるからです。そうなってしまうと大きな損失となってしまい何のためにお金をかけてリノベーションをしたのかが分からなくなってしまいます。

また、リノベーションの知識や経験がある不動産会社だからといって、最初からその一社だけに売却の仲介をしてしまうと売却査定額が低い場合でも、その査定額が相場価格であるのかどうかが分からないので、やはり一般的にいわれているように最初はたくさんの不動産会社から売却査定額を出してもらうことが良いといわれています。そうすることによって、売却するときに安く売りすぎたという失敗をするリスクが下がるのです。ですから、マンションを売ろうと考えたらまず誠意があって良心的で、自分と相性の良い不動産会社を見つけることが重要なのです。それはマンション売却に失敗しないで成功することができる秘訣であるともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>