不動産会社が行う両手仲介の問題点

akadaizyuutaku

最近は供給不足の関係で市場価格が高騰しているので、マンション売却を検討している方も多いのではないでしょうか。では実際に物件を売却をしたいと思い立ったときに、どのような方法を選択するのかといいますと、年中ポストに入っている「あなたの物件を売却しませんか。」といったチラシを見て、その不動産業者に査定を依頼する方が多いと思います。

このような業者の地域担当者はとにかく売り物件を探していますので、連絡した途端にすぐにアポイントを取りたがるはずです。そして「専任媒介契約」をするように迫ってくるのです。この契約を締結すると、業者は元付業者となり物件情報を不動産業者向けのサイトやエンドユーザー向けのサイトに公開します。

しかし両手仲介を成立させるために、同業者からの物件への問合せは受け付けないといったことが散見されます。両手仲介とは、契約成立後引渡しが無事終了した時点で、不動産業者が売主と買主の両方から手数料をもらうことができる仲介の形態です。買主サイドには別の業者が仲介人として入り契約が成立したときは、売主からのみ仲介手数料をもらいますが、この場合は片手仲介と言います。両手仲介と片手仲介ではもらえる報酬が倍も違うので、どうしても業者は両手仲介を狙い、物件情報を抱え込むようになるのです。

このことはマンション売却者にとってはデメリットでしかなく、仮に希望条件がぴったりで購入したい方が実際にいたとします。しかしその方が別の仲介業者に物件検索を依頼していて、その業者が元付業者に問い合わせたとしても、すでに買い付けが入っているなど紹介すらしない可能性もあるのです。最近はようやくこのような囲い込みを是正する動きも出てきておりますが、完全に情報が透明化しているとは言いがたい状況です。

マンション売却を検討されている方はすでにご存知のことかもしれませんが、仲介の仕組みを理解することで、より良い条件での売却が可能となりますので、業者と媒介契約を締結する際は冷静な判断をするよう心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>