マンション査定額は買い手目線で決める

muraote

最近では移住や住み替えなどでマンション売却して、また住みたいエリアでマンションを購入するという人が増えているといわれています。そのマンションを売却する場合には、不動産会社などの不動産の専門家に売却の仲介を依頼することが一般的となっていて、複数の不動産会社に声をかけて自分の住んでいるマンション査定額を提示してもらうことが良いといわれています。

その理由のひとつとして複数の異なる会社でのマンション査定額を見比べることにより、自分の住んでいるマンションの平均的な売却価格を知ることができるからです。その各不動産会社の提示しているマンション査定額は、買い手が購入しようと考える数字を想定して出しているものといわれていて、その会社なりの根拠があるといわれています。不動産会社によって売却価格が高かったり、安かったりしていて同じような価格帯でないこともあり、売り手としてはどのものが適正な販売価格であるか迷うところでもあるのです。そのため各不動産会社からマンション査定額の根拠を聞き出して、自分の住んでるマンションのメリットやデメリットを知ることが大切である、といわれています。

そのメリットデメリットを知ることによって買い手に対して適性な売却金額を決めることができ、その適正な売却金額のもとになるマンション査定額を提示してきた不動産会社のマンションを見る目の高さが理解できるといわれています。そういう買い手目線で値段を付けられる会社は、その販売能力も高いといわれていて、しっかりとした販売戦略を持っているので、わりと早い時期にマンションを販売することができるといわれています。

ですから、マンション査定額が一番高くて利益になると感じても、その金額が買い手目線に合ったものでなければ販売することができずに、結局値下げをして販売をすることになってしまう可能性が高いといわれているのです。その結果、長い時間マンションを売却することができずに困ってしまうことにもなるので、その地域でのマンションの売却相場をしっかりと把握している会社に、仲介を依頼することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>