マンションが売れない場合の価格を下げる時期

hikosigiarya

転勤による引越しや移住に住み替えなどで、今現在自分が住んでいるマンションの売却を考えている人が結構いるといわれていて、そういった今住んでいる人たちの頭を痛めていることのひとつに、住んでいるマンションの売却のタイミングが合うかどうかということが、あるといわれています。それは、引越しをするわけですから当然引越し先で暮らす住居が必要となり、そのため引越し先であるマンションや一戸住宅などの物件の確保することが要求されます。その引越し先を確保をするということは、その物件の住宅路ローンや賃貸料などの支払いが発生するということになるといわれていて、必然的にそのローンや賃貸料が発生する前に今住んでいるマンションを売却して退去していなければいけなくる、とされています。

今住んでいるところがすんなり売れないとなる、引越しのタイミングが合わなくなり、現在暮らしているマンションのローンや賃貸料などの支払いと、引越し先として確保したマンションや一戸建てなどのローンや賃貸料の支払いが重なってしまうことになる可能性もあるからです。そういった支払いが重なると生活も苦しくなるので、出来るだけダブって支払う期間を短くする必要があり、できることならダブらないようにすることが大切だといわれているのです。そういったマンションが売れないとなると値引きして買い手が買いやすくする方法がありますが、むやみやたらに値引きすると大きな損失をしていまう可能性があります。

そのため値引きは慎重に行うべきだといわれていますが、売れないと二重の支払いが生じてしまう可能性がある場合には、そうなる前に時期を見計らって値引きをすることが望ましいといわれています。そういったマンションが売れないために値引きをするということは、売却を仲介を依頼している不動産会社にアドバイスをもらうことが良いといわれています。ですから、その仲介を依頼をしてもらう不動産会社を選択するときは、販売戦略などをしっかりと持っていて、販売を得意としている会社を選ぶことが成功の鍵だといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>